ママ振袖をリメイクして成人式に着ていこう!

近年、お母様の振袖(ママ振袖)をリメイクして成人式で着用される方が増えています。 お母様やお姉さん、親戚などの振袖を成人式で着用されている方は、全体の3割まで急増しています。 せっかく何十年も大事に保管していたのですから、着ないと勿体ないですよね。 それにママ振袖は、レンタル振袖と比べて嬉しい「メリット」がありますので、ご紹介していきたいと思います。

何色の振袖にする?黒色の振袖おしゃれコーディネート9選

※写真は、ふりそでMODEより引用 普段からモノトーンの洋服を着ている人には、着慣れた色の「黒」。 一見地味に思われがちな黒ですが、黒地の本振袖は「黒引き振袖」と呼ばれ江戸時代の武家女性の正式な婚礼衣装として、最上格の第一礼装とされていた歴史があり、振袖の華やかな柄を一番際立たせてくれる色になります。

華やかな振袖は、後ろ姿もステキに演出!帯結び画像あり

振袖の次に重要なのが「帯」ですよね。 振袖で使用する帯は「袋帯」で、おしゃれ着に合わせる名古屋帯や浴衣に合わせる半幅帯などに比べて、格式の高い物になります。 帯の結び方によって、豪華になったり、可愛くなったりと表情が変わりますので、色んなアレンジを知っておくとよいでしょう。 ここでは代表的な3つの結び方をご紹介させて頂きます。

成人式の失敗しない草履・バッグ選びの3つのポイント

おしゃれは足下から・・・という言葉があるように、いくら振袖や帯を綺麗にコーディネートしても足下をおろそかにしてしまっては、台無しになってしまいます。 振袖の草履・バッグは、普段から選び慣れない事もあってわからない方も多くいらっしゃるようなので、草履・バッグの選び方について3つのポイントをふまえながらわかりやすくご紹介したいと思います。

京友禅の振袖で間違いのない1着を選ぶためのコツ

「古典柄の振袖」ってどんなイメージをお持ちですか? 古風、落ち着いてる、安心感、重厚感など、さまざまなイメージがあるかと思います。 一言で古典柄の振袖と言いましても様々な種類の振袖がございます。 総絞り、総刺繍、辻が花、加賀友禅、そして京友禅など様々な技法で制作されているものがございます。 今回は、その中でも京友禅について、ご紹介させて頂きたいと思います。

ハタチの成人式 振袖選びのはじめ方

成人式に着る振袖を考えると「自分には、どんな振袖が似合うんだろう??」って、自分でお気入りを見つけられる人もいれば、逆に自分に似合う振袖のアドバイスが欲しい人も。 みんなどうやって振袖を選んでいるの? まずは見に行くお店選びから始めましょう! お店によって取扱っている振袖が古典柄が中心であったり、現代柄が中心であったり主力の商品が違います。 振袖の柄は、大きく分けて「古典柄」「新古典柄」「現代柄」 […]

意外と知らない袋帯の選び方

着物の美しさは、後姿ともいわれますので、振袖をより一層引き立たせる帯をこだわって選びましょう。 振袖が決まって、いざ帯選びに入ると、どれが振袖と合ってどれが合わないのか全然わからない人も多いはず。 ここでは、袋帯の選び方についてご紹介させて頂こうと思います。 帯の種類や格をふまえた上で、選びましょう。 まず着物と同様、帯にも格や種類がたくさんあり ・丸帯  ・袋帯  ・名古屋帯  ・半幅帯  ・し […]

柄で印象が変わる?振袖の選び方|体型別

ここでは、体型別にみる振袖の柄の選び方をご紹介させて頂きます。 振袖には様々な柄があり、人から見た印象が大きく変わってきます。 自分の体型にあった柄を選択するために、まずは自分の体型がどれに当てはまるか考えてみましょう。 実は体型の種類は、遺伝子によって決まる!? 日本人のおよそ90%が「バナナ型」・「リンゴ型」・「洋ナシ型」のいずれかの遺伝子を持っていると言われてます。 さて、あなたは何型なので […]

振袖選びで失敗しないために知っておきたい3つのヒミツ

成人式会場に行けば、女性の約93%が振袖を着用されていて、とても華々しい雰囲気です。 思い思いに選んだ色とりどりの振袖をまとった新成人のハレの日です。 「目立ちたい」・「友達と同じ色は嫌」・「綺麗にいきたい」・「可愛くいきたい」 「かっこ良くいきたい」・「自分に似合う物で」など振袖を選ぶ基準は人それぞれ。 最も意見として多いのは、「人と同じは嫌!」 確かに成人式で、同じ振袖を着ている人がいたらちょ […]