CATEGORY

振袖の知識と情報

  • 2017年12月7日

意外と使える!?20歳の振袖は成人式だけじゃない!

振袖は、成人式で初めて着用する方がほとんどだと思います。 ではそのあとに、振袖を着る機会ってあるのでしょうか?実は意外とあります。 振袖を成人式の時に購入された方、もしくはお母様などの振袖を譲ってもらい持っている方は、成人式だけで終わってしまうと勿体ないので、着る機会について知っておきましょう。 ここでは、振袖を着る機会に加えて、いつからいつまで着れるのかもご紹介していきたいと思います。

  • 2017年11月30日

たった10分で振袖を「着付けだけ」でドレスにする凄技!

※画像は、ザ・オリエンタル和装® より引用 振袖がドレスに!といっても、披露宴で着る「色打掛」のことではありません。 なんと裁断や縫製を全くせずに振袖を「着付けだけ」で、「ドレス」に大変身できる凄技をご紹介させて頂こうと思います。 その名も、『ザ・オリエンタル和装® 』

  • 2017年11月16日

振袖に描かれた古典柄に込められた意味【その5(はまや行)】

振袖に描かれる古来より伝わる伝統文様。 実は、柄のデザイン一つひとつに人々の願いや文化が込められているんです。 柄の意味や由来を知っていれば振袖選びがもっと楽しくなるはず。 吉祥文様・有職文様・草花文様・正倉院文様・名物裂文様・辻が花文様・風景文様などの主な古典柄をご紹介させて頂きますので参考にしてみてください。

  • 2017年11月9日

振袖に描かれた古典柄に込められた意味【その4(たな行)】

振袖に描かれる古来より伝わる伝統文様。 実は、柄のデザイン一つひとつに人々の願いや文化が込められているんです。 柄の意味や由来を知っていれば振袖選びがもっと楽しくなるはず。 吉祥文様・有職文様・草花文様・正倉院文様・名物裂文様・辻が花文様・風景文様などの主な古典柄をご紹介させて頂きますので参考にしてみてください。

  • 2017年11月2日

振袖に描かれた古典柄に込められた意味【その3(さ行)】

振袖に描かれる古来より伝わる伝統文様。 実は、柄のデザイン一つひとつに人々の願いや文化が込められているんです。 柄の意味や由来を知っていれば振袖選びがもっと楽しくなるはず。 吉祥文様・有職文様・草花文様・正倉院文様・名物裂文様・辻が花文様・風景文様などの主な古典柄をご紹介させて頂きますので参考にしてみてください。

  • 2017年10月26日

振袖に描かれた古典柄に込められた意味【その2(か行)】

振袖に描かれる古来より伝わる伝統文様。 実は、柄のデザイン一つひとつに人々の願いや文化が込められているんです。 柄の意味や由来を知っていれば振袖選びがもっと楽しくなるはず。 吉祥文様・有職文様・草花文様・正倉院文様・名物裂文様・辻が花文様・風景文様などの主な古典柄をご紹介させて頂きますので参考にしてみてください。

  • 2017年10月19日

振袖に描かれた古典柄に込められた意味【その1(あ行)】

振袖に描かれる古来より伝わる伝統文様。 実は、柄のデザイン一つひとつに人々の願いや文化が込められているんです。 柄の意味や由来を知っていれば振袖選びがもっと楽しくなるはず。 吉祥、有職、草花、正倉院、名物裂、辻が花、風景などの主な古典柄文様をご紹介させて頂きますので参考にしてみてください。

  • 2017年10月12日

成人式に振袖を着て行く理由って?どうしてみんな着るんだろう

成人式に出席する新成人の女性のうち、約93%が振袖を着用しています。 成人式に振袖を着て行くのは、当たり前のように思っている方が大半ですよね。 では、「なぜ成人式に振袖を着て行くのか?」考えてみた事はありますでしょうか? 成人式や振袖の意味を知ることで、より深く感じて頂けることでしょう。

  • 2017年9月7日

京友禅の振袖で間違いのない1着を選ぶためのコツ

「古典柄の振袖」ってどんなイメージをお持ちですか? 古風、落ち着いてる、安心感、重厚感など、さまざまなイメージがあるかと思います。 一言で古典柄の振袖と言いましても様々な種類の振袖がございます。 総絞り、総刺繍、辻が花、加賀友禅、そして京友禅など様々な技法で制作されているものがございます。 今回は、その中でも京友禅について、ご紹介させて頂きたいと思います。

  • 2017年8月10日

振袖選びで失敗しないために知っておきたい3つのヒミツ

成人式会場に行けば、女性の約93%が振袖を着用されていて、とても華々しい雰囲気です。 思い思いに選んだ色とりどりの振袖をまとった新成人のハレの日です。 「目立ちたい」・「友達と同じ色は嫌」・「綺麗にいきたい」・「可愛くいきたい」 「かっこ良くいきたい」・「自分に似合う物で」など振袖を選ぶ基準は人それぞれ。 最も意見として多いのは、「人と同じは嫌!」 確かに成人式で、同じ振袖を着ている人がいたらちょ […]