京友禅

久保耕の振袖|本格手描き京友禅を名門染匠が創り出す久美すがたとは

本格手描き京友禅を創り出す名門染匠 久保耕とは
※写真は、みやたけ工房より引用

創業六十余年を誇る「久保耕」は、創業者 久保耕太郎の意思を受け継ぎ、京都で「格調ある着物」を創作し、名工の心と技を現代に伝えます。

揺るぎない独創性と変わることのない美学を守り、時代を越え愛され続けるものを熟練の職人が心を込めて創作されています。

前代表取締役の久保忠雄氏は、「最近はプリントの振袖がほとんどだが、手描き友禅の素晴らしさを久保耕は伝えていかなければならない」と強い意志をお持ちです。

久保耕の着物は、『久美すがた』というブランドで全国の有名百貨店や老舗専門店などで高い人気を誇り、正統派の本格手描き友禅の名門として名声を誇っています。

続きを読む

京友禅の振袖で間違いのない1着を選ぶためのコツ

京友禅の振袖で間違いのない1着を選ぶためのコツ

「古典柄の振袖」ってどんなイメージをお持ちですか?
古風、落ち着いてる、安心感、重厚感など、さまざまなイメージがあるかと思います。

一言で古典柄の振袖と言いましても様々な種類の振袖がございます。
総絞り、総刺繍、辻が花、加賀友禅、そして京友禅など様々な技法で制作されているものがございます。

今回は、その中でも京友禅について、ご紹介させて頂きたいと思います。

続きを読む