成人式のショール|振袖姿をオシャレに見せる着こなし術(ストール)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


成人式といえば、ショールをしているイメージが強いですよね。
それもそのはず、ショールは成人式以外ではあまり使用する機会がありません。

卒業式や結婚式の参列、初詣や結納など振袖を着る機会がたくさんある中で、成人式以外でショールを着用する方は少ないため、ショールを見ると成人式らしい印象を受けるのではないでしょうか。

しかし、着物のマナーという訳ではなく、成人式は1月の寒い時期に開催する所がほとんどで、防寒対策として着用しています。
特に髪をアップにしていると首元が冷えますので、寒い時期の初詣などで風よけとしてショールを着用しても全く問題ありません。

ショールの他にも、ストールやファーといわれ、色々な種類があります。
ショールの上品な着こなしやオシャレな着こなしなど、たくさんご紹介させて頂きますので、ご参考にして頂けたらと思います。

目次

1.羽毛系のショール
2.毛皮系のショール
3.化学繊維のショール
8.まとめ

羽毛系のショール


成人式で、一番オーソドックスな羽毛の白いショールです。
古典柄の振袖に合いやすい上品で若々しい印象ですね。


写真は、きもの館 創美苑より引用

水鳥だけでなく、スワン(白鳥)の羽根をアクセントにあしらっています。
珍しい水色のショールは、成人式で目立つ事間違いなしです。

毛皮系のショール


写真は、ハタオリより引用

白のショールに次いで多いのが、グレーになります。
素材はシルバーフォックスなどが多く、肌触りが良く高級感があり、大人っぽい着こなしをしたい方におススメです。


写真は、三京商会より引用

毛皮の中で最高級といわれるロシアンセーブルのショールです。
落ち着いた雰囲気で、洋装のドレスにも活用出来ます。


写真は、きもの館 創美苑より引用

チンチラのような風合いが特徴のレッキスラビットファーです。
ガーリーなテイストが、可愛らしい甘めの雰囲気を演出してくれます。


写真は、きもの館 創美苑より引用

オーガンジーのバラが、クールな印象のラビットファーです。
バラ柄などの現代調振袖には、ピッタリの存在感あるファーですね。

化学繊維のショール


写真は、KIMONOMACHIより引用

毛皮などが苦手な方におススメなのが、アクリルのフェイクファーです。
本物のような触り心地で、耐久性にも優れ、どんな振袖でも成人式らしさを演出してくれます。


写真は、KIMONOMACHIより引用

ベルベットのケープは、どこか懐かしい大正ロマンを感じさせるアイテムです。
艶やかな素材が、レトロで気品漂う雰囲気を演出してくます。


写真は、きもの館 創美苑より引用

黒のフェイクファーは、モダンでクールな印象になります。
レトロモダンや花魁スタイルなど個性的な現代柄振袖で、派手カワな着こなしにおススメです。

まとめ

ショールの選び方のポイントは、『振袖の色とのコントラスト』と『全体の統一感』になります。
例えば、濃い色の振袖に白や淡い色のショールを合わせるとコントラストが綺麗で、薄い色の振袖には濃い色のショールが映えます。
ショールを目立たせたい場合は、色のメリハリをつけましょう。

あとは、『振袖の雰囲気に合うショールを選ぶ事』がポイントです。
正統派な古典柄振袖には上品なショールを、現代柄振袖にはモダンなショールを、といったように全体のバランスを整えて、オシャレな着こなしをして頂けたらと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「無料振袖カタログ請求」みやたけ工房
振袖パーソナルカラー診断のできるお店

あなたの印象は、6秒で決まる。
「振袖色を間違えると成人式が台無しに!」

友達と振袖の話がでたら「赤にした…」とか、色を伝えようとしませんか?
人の印象には柄ではなく色が一番残るからです。
好きな色=似合う色とは限りません。
あなたが似合う色と似合わない色を知ることが大切です!

成人式の古典柄振袖のご購入、レンタル、ママ振は「みやたけ工房」にお任せ下さい。
振袖選びで大切なあなたの似合う色がわかるパーソナルカラー診断で、人とかぶらない想い出に残る成人式となるよう振袖選びをお手伝い致します。

まずは、無料振袖カタログをご請求頂き、ご参考にご覧ください。


無料カタログ請求をする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*