成人式の記念写真!振袖の撮影で気をつけたい4つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

成人式の記念写真!振袖の撮影で気をつけたい4つのこと
※写真は、みやたけ工房より引用

一生の思い出が残る成人式の記念写真。

慣れない写真撮影で、失敗してしまうと取り返しがつきませんよね。

素敵な前撮りアルバムになるよう成人式の記念写真で気をつけたい事を4つに分けて、詳しくご紹介していきます。

目次

1.スタジオの雰囲気
2.写真
3.振袖一式の準備
4.コンディション
5.まとめ

スタジオの雰囲気

初めて行く写真館の場合、リラックスして撮影に臨める写真館なのかスタジオ内の雰囲気を見てみましょう。


※写真は、みやたけ工房より引用

慣れない撮影の上、振袖の着付けで体調が悪くなってしまうお嬢様が少なからずいらっしゃいます。

顔色が悪く、笑顔のないアルバムでは、せっかくの綺麗な振袖姿も台無しです。

カメラマンさんが、緊張をほぐす為によく話かけてくれ、自然な笑顔を引き出してくれる雰囲気の写真館がおススメです。

写真アルバム

昔と違って、今はカメラの性能が非常に良くカメラマンの腕は、どこでもさほど差がない時代です。


※写真は、みやたけ工房より引用

しかし写真館によって撮り方が、厳かな感じ・ナチュラルな感じ・キュートな感じ・ロケーション撮影など、背景によって雰囲気がガラリと変わりますので、ご自身や振袖の雰囲気に合った写真館を選ぶ事でイメージ通りのアルバムが仕上がります。

また、アルバムの種類などが豊富にある写真館は、豪華なデザインアルバムやミニアルバムを作成できたり、家族写真やデータを購入できたりと、拘りがあるアルバムを作りたい方におススメです。

振袖一式の準備

写真撮影当日に忘れ物がないよう、事前に必ずチェックしましょう。

振袖・長襦袢・袋帯・帯締め・帯揚げ・重ね衿・草履・バッグ・着付け道具・髪飾りと振袖を着るのに全て必要です。

中でも忘れがちなのが、補正用タオルです。

着付け道具のうちの一つで、お店で振袖のレンタルや購入をされた場合でも、ほとんどセットに入っていない為、自分で用意する必要があります。

薄手のフェイスタオル3~5枚程度をご準備ください。

[補足1] 一般的には前撮りでショールを付けて撮影される方は少ないですが、付けたい方はショールも持参しましょう。


※写真は、みやたけ工房より引用

[補足2] 振袖や長襦袢にしつけ糸が付いている場合は家ではずしてから持って行くようにしましょう。


※写真は、みやたけ工房より引用

コンディション

当たり前の事になりますが、前日はよく睡眠を取り身体やお肌のコンディションを整えてください。

前撮りとはいえ、成人式本番と全く同じようにヘア・メイク・着付けを行います。

それだけでも1時間半から2時間かかりそこから撮影なので、結構ハードです。

寝不足で体調が悪くなったり、肌が荒れたりしないようバイトなど無理のないスケジュールで前撮りに臨んでください。

また、撮影をする時期によりますが、秋頃に前撮りを予定している場合、夏場の日焼けには注意が必要です。

夏休みで、日焼けしてしまうと振袖の顔映りも変わってきます。

そのため近年は、日焼け前の春頃に前撮りをされる方が増加傾向にあります。

まとめ

二十歳の振袖姿の写真は、生涯かけがえのない宝物になります。

あまり緊張せず、モデルさんになりきって一生の思い出に残る素敵なアルバムを完成させてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「無料振袖カタログ請求」みやたけ工房
振袖パーソナルカラー診断のできるお店

あなたの印象は、6秒で決まる。
「振袖色を間違えると成人式が台無しに!」

友達と振袖の話がでたら「赤にした…」とか、色を伝えようとしませんか?
人の印象には柄ではなく色が一番残るからです。
好きな色=似合う色とは限りません。
あなたが似合う色と似合わない色を知ることが大切です!

成人式の古典柄振袖のご購入、レンタル、ママ振は「みやたけ工房」にお任せ下さい。
振袖選びで大切なあなたの似合う色がわかるパーソナルカラー診断で、人とかぶらない想い出に残る成人式となるよう振袖選びをお手伝い致します。

まずは、無料振袖カタログをご請求頂き、ご参考にご覧ください。


無料カタログ請求をする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください